« 川越市、中華料理「華宮」★ | トップページ | さいたま市、うどん「袋屋」②★★★ »

新河岸川「観光舟運」

昼過ぎに新河岸川近くに打ち合わせです。

「事前情報で今日は「新河岸川の観光舟運」をやってるから混んでると思うよ~」

との事、それじゃ~帰りがけに覗いていこうかな~と言う事です。

Img_0023

おぉ~!なんか小さい船が来るぞ~!!!

江戸時代末期から明治時代初めにかけて、江戸と川越を結ぶ

物流と交通の主要手段として栄えたのが「舟運」だそうです。

Img_0027

こんな小さな船で江戸まで行ってたのかな~?

Img_0024

船着場は観光客でいっぱいです!

今日はあくまで観光のイベントです。

そのために川の一部分だけを堰きとめて

船が通れる深さを作っています。

少し下流に行くとこんな感じです・・・ !!(゚ロ゚屮)屮

Img_0017

浮かぶ水鳥の足が付くくらい、

とてもじゃないけど舟なんか通れない深さです。

この「鴨」たちにとってはいい迷惑でしたね~

この川を新河岸川とは書きましたが、

おいらの住むもう少し上流の地元人間にとっては、「赤間川」って言う方が

馴染み深い呼び名です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日?フランク永井さんが亡くなられましたそうです。

あんまり関係ないのですが、おいらがそごうに勤めていた時、

フランク永井さんに「有楽町で逢いましょう」を歌ってもらう仕掛けをした人が

おいらの上司でした。何となく一時代が終わったような気分です・・・

ご冥福をお祈りいたします。

|

« 川越市、中華料理「華宮」★ | トップページ | さいたま市、うどん「袋屋」②★★★ »

川越市風景」カテゴリの記事

コメント

( ,,-` 。´-)ホォーォ
イベントで船乗りやってたんですね~♪
小船でゆらりゆらりって良さげです~(人´∀`)♪

投稿: fujitake | 2008年11月 3日 (月) 19時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新河岸川「観光舟運」:

« 川越市、中華料理「華宮」★ | トップページ | さいたま市、うどん「袋屋」②★★★ »